青春18きっぷ・東京から福島、奥羽本線で青森へ

青春18きっぷ、北海道&東日本パスなどで、東京から普通列車で青森へ、青函フェリーで函館を目指します。以前に東北本線で行ったので、今回は福島から奥羽本線で青森へ向かいます。青森から深夜便のフェリーを利用すれば、宿泊費が浮き、安く北海道へ渡れます。

7時55分発の快速ラビット、宇都宮行きに乗ります。福島までは乗り継ぎが慌しいです。

東京駅
東京駅

宇都宮駅での乗り換えは2分しかないので、急いで黒磯行きに乗ると、土曜日なので混んでいたので座れませんでした。黒磯から新白河行きのディーゼル車に乗ります。

黒磯駅
黒磯駅

10時50分に新白河に着き、3分後の郡山行きに乗ります。

新白河駅
新白河駅

11時32分に郡山に着き、7分後の福島行きに乗ります。

郡山駅
郡山駅

12時27分に福島に着きました。ここから奥羽本線で青森を目指します。今日中に青森まで行くためには、村山から新庄まで、山形新幹線に乗る必要があるので、乗車券+自由席特急券(1420円)を買いました。

福島駅
福島駅

12時51分に福島を出ると、スノーシェルターに覆われた峠などの駅を見ながら米沢へ向かいます。関根で停電が発生して、6分遅れで米沢に着きました。

米沢駅
米沢駅

米沢で山形行きに乗り継ぎます。米沢から東根の区間も混んでいて、座れませんでした。

米沢駅
米沢駅

山形で村山行きに乗り継ぎ、村山から新庄まで、山形新幹線つばさ137号に乗ります。

村山駅
村山駅

新幹線のよい座席で20分ほどゆったりとして、新庄に5分ほど遅れて着きました。

新庄駅
新庄駅

15時40分発の秋田行きに乗ると、横手から満員になりました。

新庄駅
新庄駅

18時11分に秋田に着き、18時29分発の快速大館行きに乗ります。

秋田駅
秋田駅

時間があるので駅構内を散策すると、なまはげがありました。電車は秋田から八郎潟まで混んでいました。

秋田駅・なまはげ
秋田駅

20時02分に大館駅に着きました。乗り継ぎが1時間20分もあるので、大館駅付近を散策、ハチ公や秋田犬の像があります。

大館駅・ハチ公像
大館駅

今日の最後の列車。21時21分発の青森行きです。

大館駅
大館駅

22時52分に青森に着きました。午前2時発の青函フェリーに乗るために、フェリーターミナルへ歩いていきました。

青森駅
青森駅

(つづく)