札沼線・新十津川から下徳富まで歩く

JR北海道で廃止する方針となった、札沼線(学園都市線)の新十津川~北海道医療大学のうち、新十津川から下徳富までの5kmを歩きます。夕張支線と同様に自治体も容認していて、年内にも廃止されるかも知れません。

2018年10月

函館本線・滝川駅からバスに乗り、新十津川町役場へ向かいます。5分ほど歩くと新十津川駅には8時20分に着きました。早朝は濃かった霧が徐々に晴れてきました。

札沼線・新十津川駅
新十津川駅

この時間帯には、まだ誰もいません。新十津川から下徳富へ向けて歩いていきます。

札沼線・新十津川駅
新十津川駅

10分ほど歩くと下徳富上4号線踏切で、直線の線路を見渡せます。

下徳富上4号線踏切
下徳富上4号線踏切

線路沿いに道がないので、100mほど離れた西1線を歩きますが、ずっと同じような田園風景です。

西1線
西1線

そろそろ新十津川行きの列車がくる時間なので、下徳富下3号線踏切で撮影することに。9時22分頃に列車がやってきました。線路の西側の山々は、樺戸連峰と言うようです。

下徳富下3号線踏切
下徳富下3号線踏切

列車を見送ります。乗客はそれほどいないようでした。

新十津川行き
新十津川行き

下徳富下3号線踏切から15分ほど歩くと、9時45分に下徳富駅に着きました。立派な駅舎が建ち、駅前には運送会社の倉庫などがあります。

札沼線・下徳富駅
下徳富駅

さらに先へ歩いていくと、よい撮影場所がなかったので、下徳富駅に戻って、次の南下徳富駅まで乗車することにしました。

札沼線・下徳富駅
下徳富駅

石狩当別行きの列車に乗ると、座席がほとんど埋まっていました。3分ほどで南下徳富駅に着きました。

札沼線・南下徳富駅
南下徳富駅

南下徳富駅は田んぼの中にあり、駅舎はありません。列車を見送って、浦臼へ向けて歩き出しました。

札沼線・南下徳富駅
南下徳富駅

(つづく)