花咲線・昆布盛駅から落石駅へ歩く

2017年10月

別寒辺牛湿原を散策しますが、「快速はなさき」は糸魚沢に停車しません。普通列車の時間まで、昆布盛駅から落石駅への4kmを歩くことにしました。

釧路5:35発の快速はなさきに乗り、昆布盛へ向かいます。アイヌ語でコムプモイで、昆布がとれる湾を意味するそうです。

釧路駅
釧路駅

厚岸をすぎると別寒辺牛湿原を走行します。

別寒辺牛湿原
別寒辺牛湿原

やがて落石岬が見え、7:43に昆布盛駅で下車しました。駅前には何もありません。

昆布盛駅
昆布盛駅

隣の落石駅を8:42に発車する列車に乗るので、昆布盛駅から落石駅への4kmを1時間で歩きます。

昆布盛駅
昆布盛駅

海の方へ歩いていくと華盛稲荷神社が建っています。

華盛稲荷神社
華盛稲荷神社

神社から漁港へ下っていくと、北海道の天然記念物に指定されているモユルリ島とユルリ島が見えます。

モユルリ島とユルリ島
モユルリ島とユルリ島

昆布盛漁港への道と分かれて、坂を登って県道142号線に出ます。落石の中心街までは6kmですが、落石駅へは3kmほどです。

県道142号線
県道142号線

県道を歩いていくと浜松海岸駐車公園があり、太平洋の見晴らしがよく、沖合いに無人島のユルリ島などが見えます。

浜松海岸駐車公園
浜松海岸駐車公園

ユルリ島は、アイヌ語で鵜が居る島を意味し、周囲7.8kmの平坦な島です。モユルリ島のモは小さいを意味し、ユルリ島の5分の1の大きさです。
ユルリ島には、エンジン付の船がない時代に持ち込まれた運搬用の馬が、野生化して子孫が行き続けていたが、2017年には老いた雌馬が3頭だけになっているそうです。

浜松海岸とユルリ島
浜松海岸とユルリ島

高台には風力発電の風車が並んでいます。落石は、アイヌ語のオッチン、オクチンが語源で、尾根のくぼみを意味するそうです。

風力発電
風力発電

ユルリ島の右には、七つ岩が見えます。

ユルリ島と七つ岩
ユルリ島と七つ岩

浜松海岸は根室十景で、数kmにおよぶ砂浜です。

浜松海岸
浜松海岸

浜松海岸から離れ、10分ほど歩いて落石の集落に入ると、落石駅の標識がありました。

落石駅入口
落石駅入口

駅前は民家のみで、店舗などはありません。

落石駅
落石駅

10分ほど待つと列車が来ました。

落石駅
落石駅

8:42発の普通・釧路行きに乗り、糸魚沢駅へ向かい、別寒辺牛湿原を散策します。
(つづく)

落石駅
落石駅