森駅から廃止される桂川駅まで歩く

2016年11月6日②

森駅から2017年3月に廃止される桂川駅まで歩き、普通列車、特急を乗り継いで苫小牧へ向かいます。

森駅でいかめしと記念に乗車券を買い、桂川駅へ向けて出発しました。新函館北斗はいい天気だったが、駅前の温度計は2℃で、雪が舞っています。

森駅
森駅

森駅から10分ほど歩くと海沿いの道になりました。振り返ると渡島駒ヶ岳が見えます。

海沿いの線路
海沿いの線路

札幌行きのスーパー北斗が来るまで、近くの島崎稲荷神社で寒風を凌ぎ、列車を見送って出発しました。

スーパー北斗11号
スーパー北斗11号

道道から細い道に入り、鷲ノ木漁港へ向かいます。踏切を渡ると鷲ノ木漁港があり、駒ヶ岳が見えます。

鷲ノ木漁港へ
鷲ノ木漁港へ

漁港の向かいの高みに桂川駅を見つけました。

桂川駅
桂川駅

階段を登っていくとホームがあります。

桂川駅
桂川駅

階段の途中に簡素な待合室があるが、トタンが破れて雨が吹き込み、ベンチには水が溜まって座れません。

桂川駅の待合室
桂川駅の待合室

階段を登り、踏切を渡ると下りホームです。

桂川駅のホーム
桂川駅のホーム

長万部行きの普通列車に乗り、森駅で買ったいかめしを食べました。

普通・長万部行き
普通・長万部行き

途中で廃止される北豊津駅を車窓から見ました。長万部から北斗13号に乗り継いで、苫小牧に17時前に着きました。翌日は夕張に寄って、釧路へ向かいます。

北斗13号
北斗13号

廃止される桂川駅から姫川駅への乗車券を中間の森駅で記念に買いました。

桂川→姫川の乗車券
桂川→姫川の乗車券

(つづく)



“森駅から廃止される桂川駅まで歩く” への 2 件のフィードバック

  1. こんばんは。
    楽しく記事を拝見させて頂きました。
    鉄道で旅するときに、遠方である程、なかなか小さな駅に降りる機会は少なく、車窓に眺めるばかりになります。
    敢えて一駅歩いて、沿線の風景を楽しみながら、(用事がある訳でもない)駅を訪ねる時間、素敵ですね。
    北海道では経営改善のために、ローカル線の存続が危ぶまれていますし、利用者の少ない無人駅は廃止する動きが強まっています。
    このような旅のスタイルで、丁寧に鉄道から広がる景色を見て歩くのもいいものだと感じました。
    他の記事も楽しませて頂きます。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  2. 見て頂き、ありがとうございます。
    この後、根室、網走、留萌、宗谷、函館などの廃止が検討されている路線を主に歩いてきました。
    北海道は時刻表を調べて歩ける区間を探さなければなりませんが、どこで列車が撮れるかなど調べるのも楽しいです。
    風旅記さんのブログは膨大なページ数ですね。これから拝見させて頂こうと思っております。

コメントは受け付けていません。